全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

新装版 本物の野菜つくり

その見方・考え方

書誌詳細情報

新装版 本物の野菜つくり

その見方・考え方

著者 藤井平司

定価 1,646円 (税込)

ISBNコード 9784540052163

発行日 2005/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 289ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

伝統的な栽培にみる育て方の原理と著者の野菜つくりの体験をもとに、地域の土地柄にあった無農薬、無化学肥料の旬の野菜つくりの栽培ポイントと品種選びの着眼点を示す。各論では主な野菜15種について詳しく紹介。

解説(詳細)


◇暮らしと野菜つくりの原型をさぐる
暮らしと生産のしきたり
安心して食えるもの それは自給生産にある
野菜生産の原型をさぐる
◇野菜つくりのしきたりを見直す
ナス
ネギ
サトイモ
ニンジン
ウリ類
ヤマノイモ
サトイモ
ニンジン
ダイコン
ツケナ
ホウレンソウ
キクナ(シュンギク)
冬の露地野菜

-----------------------------------------------
■著者
藤井平司(ふじい ひらし)
1924年大阪府岸和田市生まれ。旧制岸和田中学校卒業。2002年歿。人間が生きることと野菜との本来的な関係、本来的な野菜の育ち方とつくり方を生涯追求してきた。民間育種家でもある。
------------------------------------------------
■編集者より
 本書は、「まえがき」に「わたしは、30数年間の体験のなかで、はじめて「しきたり」のなかにある合理性に気づくことができた。この「しきたり」と私の体験から、官製技術を批判しつつ、混迷した野菜つくりから抜け出す道を考えてみた。」とあるように、地域の自然と風土の中で、野菜つくりの「しきたり」がどのようにつくられてきたのかを明らかにし、それを基本にした野菜の見方と栽培の考え方が、独自の視点でまとめられている。化学肥料や農薬にたよらない、安全で美味しい本来の野菜つくりに転換したいと思っている農家をはじめ、家庭菜園愛好家、消費者にとって、大きなよりどころになる1冊である。
-------------------------------------------------
■関連書
『共存の諸相』
『栽培学批判序説』
『新装版 図説 野菜の生育』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る