全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ビオトープ再生技術入門 ★在庫切れ

ビオトープ管理士へのいざない

書誌詳細情報

ビオトープ再生技術入門 ★在庫切れ

ビオトープ管理士へのいざない

著者 養父志乃夫

定価 2,263円 (税込)

ISBNコード 9784540051616

発行日 2006/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5 199ページ

在庫 なし

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

平成8年の河川法改正、平成9年の環境影響評価法(環境アセスメント法)の成立、平成12年の農業基本法、土地改良法の改正など、自然環境に損傷を加える工事には、事前、事後にかかわらず影響の緩和措置や環境の保全対策が義務づけられた。修復・復元技術者の資格、ビオトープ管理士(日本生態系協会)認定も制度化された。本書は、実践された実例をもとに、自然環境復元の施行技術、メンテナンスを解説する。自然環境の保全に取り組む市民、自治体担当者、コンサルタント会社、施工する土木・造園業社、学生のテキストとなる書とする。

解説(詳細)

第I章 自然環境再生とビオトープ管理士
1. 必須課題となった自然環境の再生
2. 自然再生工事を担うビオトープ管理士
3. 自然再生工事に関する資格制度

第II章 自然再生工事の進め方
1. 自然再生の基本フロー
2. 自然再生施工の調査・計画・設計
3. 中構造(基盤)整備の実際

第III章 小構造の施工と育成・維持管理
1. 土手
2. 水際からのエコトーンと水域
3. 希少種生物が生息する湿地の再生・拡張
4. スギ林から雑木林への再生
5. 林縁植生の育成管理
6. イタチハギなど外来種による緑化法面の再自然化
7. 刈払い屑、伐木のリサイクル
8. 単木状の存置育成木の育成管理
9. 流れや沿岸植生、護岸の再生
10. モニタリング調査と補足施工

第IV章 流れの自然環境の再生
1. 都市河川に生きものの生息環境を再生する
2. 河川環境を移植する
3. 河川の氾濫原を再生する
4. コウノトリの野生化をめざし、田んぼの用排水路を再生する

第V章 陸域や止水域の自然環境の再生
1. 工場緑地に生きもの生息環境を再生する
2. 高速道路インターチェンジに生きものの生息環境を再生する
3. 動植物の生息地を守る溜池の堤体改修
4. 圃場整備で付設したビオトープ池
5. 表土移植工法で樹林を再生する
6. 根株移植法や表土移植工法で森林を再生する
7. 基地跡に雑木林を再生する
8. クワガタムシの森を再生する
9. ミズバショウ自生地やエゾサンショウウオの産卵地を再生する

第VI章 里山動植物を移植する
1. 動植物移植による保護の必要性
2. 移植保護に対する必要事項
3. 雑木林への樹木移植
4. 雑木林への林床草本移植
5. 河辺植物フジバカマの移植
6. コモウセンゴケやムラサキセンブリ等湿地植物の移植
7. ギフチョウの生息地を移植する
8. ハッチョウトンボの生息地を移植する
9. ヒメタイコウチの生息地を移植する
10. ゲンジボタル生息地を移植する
11. ヒメボタル生息地を移植する
-----------------------------------------------
■著者
 養父志乃夫(やぶ しのぶ)
1957年大阪市に生まれる 1986年 大阪府立大学大学院博士課程修了。和歌山大学システム工学部 環境システム学科 教授 生態系協会「ビオトープ管理士」認定講師、農村環境整備センター「田んぼの学校」顧問 「日本自然学習実践センター」顧問
主な著書『自然生態修復工学入門』『ホームビオトープ入門』『田んぼビオトープ入門』以上農文協など多数。
------------------------------------------------
■編集者より
 これまでの社会インフラは、人間にとっての利便性、安全性、快適性、効率性、景観性などに重点を置いて整備されてきた。その結果、野生の生物が生息する環境が縮小、破壊され、多くの野生動植物が絶滅の危機にさらされている。
この生態系軽視の反省から、平成8年に河川法の改正、平成9年には環境影響評価法(環境アセスメント法)が成立し平成11年より施行、平成12年に農業基本法、土地改良法の改正など、社会インフラ整備にあったっては「環境保全」を重視され、自然環境に損傷を加える場合には、事前、事後にかかわらず影響の緩和措置や環境の保全対策を実施することが義務づけられた。野生生物の生息地の修復、復元の技術者の資格、ビオトープ管理士(日本生態系協会)認定も制度化された。
 本書は、これらの動向のなかで実践された実例をもとに、道路、河川、緑地、圃場等の整備工事における、自然環境復元の施行技術、メンテナンスを解説する。
-------------------------------------------------
■関連書
『自然生態修復工学入門』
『ビオガーデン入門』
『ホームビオトープ入門』
『田んぼビオトープ入門』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る