全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

百の知恵双書19 パッシブハウスはゼロエネルギー住宅

百の知恵双書19
竪穴住居に学ぶ住宅の未来

書誌詳細情報

百の知恵双書19

百の知恵双書19 パッシブハウスはゼロエネルギー住宅

竪穴住居に学ぶ住宅の未来

著者 野沢正光

定価 2,934円 (税込)

ISBNコード 9784540050046

発行日 2009/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5変 160ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

住まいの快適性とエネルギー利用の歴史と変遷をひもときながら、夏蒸し暑く冬寒い日本の風土に合い、石油エネルギーでなく太陽光や風、地熱などの環境エネルギーで暮らす時代への展望を示す。

解説(詳細)

第1章 火の記憶を繋ぐ
家は気候をコントロールする仕掛け
地熱を利用していた竪穴住居
燃やし続けた火
火をコントロールしてきた人々
竪穴住居と地中温度
煙になって考える−火の記憶と暖炉
江戸と里山と自然エネルギー

第2章 火の変遷と住宅革命
産業革命と「第二の火」の誕生
電力に託された住宅の夢−藤井厚二とフィリップ・ジョンソン
新しい素材の出現と未体験の室内環境
北海道とコンクリートブロック
赤信号の灯る「石油の時代」
「第四の火」原子力への期待と絶望
「パッシブ」という思想と技術の進展
奥村昭雄とソーラー研
「プラスエネルギー住宅」という住宅革命
熱交換型換気扇と先進的住宅技術
方法はすでに見えている

<居住のための開口部>
開口部という「習俗」(カスタム)
「ガラスの家」
居住のための開口部を目指して

<なぜ北海道の住宅に共感をおぼえるのか>
「生存」への脅威−極寒の地の火災
北海道でのトライアル−高断熱・高気密空間の実現
「空気の質」の探求−OMソーラーと北海道

第3章 パッシブソーラーと私たちの宿題
国際主義と「負」の荷物
思索を紡ぐ技術
ライトのグラビティ・ヒーティング
吉村順三のファーネス暖房
エコロジカルトライアルの先駆−山越邦彦
断熱材の発見−熱を制御する家の始まり
OMソーラーと気密・断熱のトライアル
レス・イズ・モア−50年代の住宅への共感
使い続けることこそサスティナブル
「木造ドミノ」で考えたこと
宿題を発見し、答えを出す勇気−ヨーロッパの「大きな合意」
「ここだけの技術」としての木造建築

<三軒のベーシックハウス>
住宅の50年代−共有した空気と誠実な提案
三軒のベーシックハウス−試みられた共通の手法
解体可能な建築へ−躯体と外皮の分離
住宅の短命に抗して

■著者紹介
野沢正光(のざわ・まさみつ)。野沢正光建築事務所。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る