全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

抗がん剤は転移促進剤

これからのガン治療

書誌詳細情報

抗がん剤は転移促進剤

これからのガン治療

著者 臼田篤伸

定価 1,466円 (税込)

ISBNコード 9784540042829

発行日 2005/09

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 220ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

新潟大学大学院教授 安保徹 推薦のことばより
「抗がん剤の最大の弱点は、がんの発症メカニズムが解明されていない時代に、この薬が登場し、発展してきたということである。・・・・・・・このような発がんのメカニズムがわかれば、抗がん剤や放射線照射で免疫を抑制することが、がん治療にマイナスになることは一目瞭然である。」
臼田篤伸氏著作「こんなに効くぞ ぬれマスク」

解説(詳細)

プロローグ〜がん医学を変える安保理論

第1章 抗がん剤イレッサの悲劇
1 薬害として初めて裁かれる抗がん剤
2 分子標的薬として期待されたイレッサ
3 ひそんでいた激烈な副作用
4 間質性肺炎とは
5 ずさんな検査結果とスピード承認
6 低い縮小率を高く見せるからくりがあった
7 メーカーが自ら承認申請取り下げ

第2章 副作用に身を任せる抗がん剤治療
1 抗がん剤に頼らない日を期待して
2 抗がん剤は多種多様である
3 種々の抗がん剤と使用法
4 有効性に対する疑問
5 がんより怖い副作用〜現代医療が見落とした免疫
6 抗がん剤でリンパ球が激減する
7 新薬登場の裏側

第3章 がんの転移はどう説明されているか
1 転移がん〜がんが不治の病といわれるゆえん
2 がんが発見されたときの現在の医療
3 再発とがん転移
4 転移論の今日までの主な流れ
5 転移に対する現実の医療

第4章 がん発症の解明が転移の真相を明らかにする
1 がん発症のメカニズムをまず知ろう
2 体内でのがんの転移はこうして起こる

第5章 がん細胞が転移しやすい体内環境がある
1 がん細胞の転移に 立ちはだかるのはリンパ球防衛網
2 転移しやすい体内環境の生成
3 体内の「株化類似現象」は顆粒球漬けで加速
4 遠隔転移の準備完了
5 抗がん剤で「強化トレーニング」されるがん細胞

第6章 ほとんどの抗がん剤は「転移促進剤」である
1 転移するがんとしないがんの違い
2 転移を単純にとらえることが大切
3 抗がん剤は「転移促進剤」の疑い濃厚
4 顆粒球漬けでリンパ球の働き場がなくなる
5 再発の恐怖が検査漬けを促す
6 抗がん剤乱用に対する反省も生まれつつある

第7章 これからのがん治療
1 キーワードは「間接対決」
2 がんになりやすい体調とは
3 笑う生活を〜副交感神経の働きを強化する
4 体に備わるがん撃退のシステム
5 がん診断はあなたが主体
6 がんと分かったら〜がんの恐怖を捨てる

第8章 予防法と治療法は共通
1 最近の乳がん増加の背景とがんにならない4カ条
2 福田稔の自律神経免疫療法
3 がんを予防する食生活
4 副交感神経を刺激する運動法と呼吸法
5 副交感神経の働きを高める爪もみ法
6 副交感神経の活動を高める“お風呂でのんびり"
7 笑いは副交感神経を高める極致
8 がんを治すための4カ条の実践
9 安保理論実践のために、体温の重要さを知ろう

第9章 代替医療のすすめ
1 代替医療からの抗がん剤治療批判
2 リンパ球を守り育てるのが代替医療である
3 代替医療によってがん治療の「外濠」は埋められた

エピローグ〜21世紀のがん医療のあるべき姿

-------------------------------------------------
■著者
臼田篤伸(うすだ とくのぶ)
1945年、長野県生まれ。歯科医師、歯学博士。東京医科歯科大学大学院卒、東京厚生年金病院歯学部長を経て開業。
推薦 安保徹・新潟大学大学院教授
-------------------------------------------------
■編集者より
安保徹教授が、本書によって「抗がん剤はもはや“発がん剤"と呼んだほうがよいことが科学的に明らかにされた」と評価。
-----------------------------------------------
■関連書
『野菜はガンを退ける』
緑黄色野菜に限らない野菜の抗ガン効果。最新情報と難しくない野菜の食べ方・心得・料理例多数。
『がんの基礎療法』
根の深い疾病はからだの根底から治す。基礎があってこそ化学療法なども効果が高まる。
『腸内細菌のふしぎな話』
腸は考えガンと闘う。その働きを活性化する腸内細菌と食べもの。ガン予防の生活術万般を紹介。
『ガンの夫を自宅で看取る』
末期肺ガンの夫を支えながら日常生活を送り,自然死に近い最期を迎えるまでの詳細な記録。
『知りたがりやのガン患者』
ついに納得できる医者・治療法をみつけだした、進行性胃がん患者の"明るく、楽しい"体験記。
『ガンとたたかう ガンと向き合う』
息子をガンで失った元新聞記者が患者の目になって追究する迫真のレポート。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る