全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

戦後化学肥料産業の展開と日本農業

書誌詳細情報

戦後化学肥料産業の展開と日本農業

著者 綱島不二雄

定価 2,880円 (税込)

ISBNコード 9784540042560

発行日 2004/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5判 176頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本の化学肥料は、技術・品質とも世界最高水準にあるといって過言ではない。それはいかに形成され、にもかかわらずいかなる課題をこの業界は背負ってきたのか。戦後化学肥料産業の展開過程を農業との相互連関で跡づけ、農業の多面的機能や有機(的)農業とも共存し、健全なフードシステム形成に資する、循環型産業としての化学肥料産業の今後の発展方向を展望。

解説(詳細)

第1章 日本農業の基礎構造と化学肥料産業
1. 東畑精一「単なる業主」論と化学肥料産業
2. 大内力『肥料の経済学――独占資本と小農民』と化学肥料産業

第2章 戦後日本の化学工業の動向と化学肥料産業
1. 戦後産業構造の変化と化学工業
2. 化学工業の展開と化学肥料産業
3. 化学肥料産業の特徴
4. 行政と化学肥料産業
5. 化学肥料産業の戦略と日本農業

第3章 化学肥料産業の展開と日本農業
1. 「肥料価格等安定」諸施策下の展開
2. 「肥料価格安定臨時措置法」廃止後の展開
3. 肥料をめぐる工業・農業のミスマッチ

第4章 化学肥料産業における肥料専業メーカーの位置と農業・農家
1. A社の市場戦略
2. 販売代理店の役割と農業・農家
3. 「ろうそく産業」の不思議
4. これからの化学肥料産業の方向と肥料専業メーカー

第5章 未来を拓く
1. 循環型社会と日本のフードシステムの課題
2. 化学肥料産業の発展性と課題
3. 循環型社会への接近

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る