全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書257 昭和農業技術史への証言 第三集

人間選書 257

書誌詳細情報

人間選書 257

人間選書257 昭和農業技術史への証言 第三集

著者 昭和農業技術研究会
西尾敏彦

定価 2,160円 (税込)

ISBNコード 9784540041457

発行日 2004/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 298頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

(1)水稲品種のいもち病抵抗性喪失とその対応、(2)北海道における水稲品種の改良、(3)サツマイモの品種改良のあゆみ、(4)農業技術研究所における地力や粘土の研究、(5)水田土壌学の進歩を微生物学から見るの5話を収録。

解説(詳細)

第1話 水稲品種のいもち病抵抗性喪失とその後の対応
はじめに
一、 過去におけるいもち病抵抗性品種
二、 いわゆる抵抗性品種の罹病化と当面の対応
三、 判別品種と菌系別反応によるいもち病抵抗性遺伝子分析
四、 いもち病抵抗性の育種における日本と外国との違い
五、 真性抵抗性と圃場抵抗性の検定方法
六、 現在のいもち病抵抗性品種の育種
《質疑・討論》

第2話 北海道における水稲品種改良
はじめに
一、 北海道の水稲主要品種の変遷とその背景
二、 北海道米の品質・食味改良
三、 北海道品種改良物語
むすびにかえて
《質疑・討論》

第3話 サツマイモ品種改良のあゆみ
はじめに
一、 統計数理学との出合い
二、 サツマイモの育種のあゆみ
三、 サツマイモの育種試験法の検討
四、 母本養成と組合せ能力の検定
五、 「コガネセンガン」の育成
六、 育種法の研究と育種事業
七、 育種の反省
《質疑・討論》

第4話 農業技術研究所における化学研究の思い出
はじめに
一、 戦前のこと
二、 研究再開まで
三、 農業技術研究所の創設
四、 「共通基礎研究」と「西ヶ原大学」
五、 研究者として私の経験した学問上の討論
六、 研究者として私の経験した国際交流
おわりに
《質疑・討論》

第5話 水田土壌学の進歩
はじめに
一、 塩入松三郎の『水田の土壌化学』
二、 湛水土壌中の還元過程と微生物代謝
三、 水の浸透が湛水土壌の酸化還元過程に及ぼす影響
四、 水田土壌作土表層部位における酸化還元過程
五、 水田における有機物循環における植物遺体と堆肥の意義
六、 水田における肥培管理と地力
《質疑・討論》

■著者
伊藤隆二(水稲育種、元九州農業試験場長)、岡部四郎(水稲育種、元熱帯農業研究センター所長)、坂井健吉(サツマイモ育種、元農業環境技術研究所長)、江川友治(土壌肥料、元農業技術研究所長)、高井康雄(水田土壌学、東京大学名誉教授)
-----------------------------------------------
■編集者より
 本シリーズ第1集は旧農事試験場での水稲増収研究、稲作機械化にまつわる「技術史への証言」、第2集は、「植物組織培養」「マイコプラズマ様微生物」など、日本のバイオ科学技術の土台を築いた人々の証言。この第3集は、いもち病抵抗性品種の創出、北海道における水稲品種の改良などの水稲育種、サツマイモの品種改良の歩み、水田土壌学の進展などにたずさわった5人の証言。
 学徒出陣の経験をもつ世代の証言で、戦後の極めて劣悪な研究条件のもと、知恵と熱情とで成果をあげたその足跡は貴重である。また、生産現場との熱い交流を持てた、ある面で幸せな世代の証言でもある。講演後の質疑応答が充実し、研究会の着実な歩みも感じられる。
------------------------------------------------
■関連書
『昭和農業技術史への証言 第一集』
『昭和農業技術史への証言 第二集』
『昭和農業技術史への証言 第四集』
『昭和農業技術史への証言 第五集』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る