全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

写真ものがたり 昭和の暮らし5  川と湖沼

写真ものがたり 昭和の暮らし 5

書誌詳細情報

写真ものがたり 昭和の暮らし 5

写真ものがたり 昭和の暮らし5  川と湖沼

著者 須藤功

定価 5,500円 (税込)

ISBNコード 9784540040931

発行日 2005/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB判、上製 238ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

大昔から人々は近くに水のある場所に住み、生きてゆくために不可欠な飲料水はもとより、水が育む魚介類や水草を採取し、体や衣類などを洗い、筏や川舟を流して物資を運び、時には排泄物や死体を流してきました。さらに堰を造り水路を巡らして田畑を潤し、堀や運河を掘削して都市を造ってきました。一方、川や湖沼はしばしば氾濫したため、河畔林や霞堤、聖牛などを設け、水神を祀ってきました。そしてその流れに精霊舟を流して、彼岸への思いを託してきました。
 人が川や湖沼を見て心なごむのは、人の暮らしに密着し、地域の自然風土ばかりでなく、精神風土をも形づくってきたからでしょう。鉄道や道路、ダムや近代工法の護岸、上下水道などなどが敷設されるにつれ、川や湖沼は人々の暮らしから遠ざかっていきましたが、今なお悠々と変わらず流れる川や湖沼に、思いを馳せていただけたらと思います。

目次

川を往き交う人と船
流れる水のうつろい
暮らしのある水辺
清流が育む川の幸
湖沼の魚介と水草

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る