全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

百の知恵双書15 家で病気を治した時代

百の知恵双書 15
昭和の家庭看護

書誌詳細情報

百の知恵双書 15

百の知恵双書15 家で病気を治した時代

昭和の家庭看護

著者 小泉和子 編著

定価 2,934円 (税込)

ISBNコード 9784540040832

発行日 2008/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5変 176ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

昭和戦前期はもっとも家庭看護の発達した時代だった。

氷枕、氷嚢、体温計、吸入器、浣腸器は多くの家庭にあった。
切り傷にドクダミ、腫れ物にツワブキ…
民間療法の知識も豊富だった。
ひとたび家族のだれかが病気になれば
家族が力を合わせて看病し、病気と闘った。
産婆も町医者も按摩も鍼灸師もそれを助けた。
家のなかで人の生死に向き合うことで
いのちの尊さとそれを守ることの難しさを痛感した時代であった。
医療の充実を願うことは病気を医者まかせにすることではない。
病気も生も死も自分のこととして立ち向かった時代から学ぶものは何か。

目次

第1章 家で病気を治した時代-都市と農村にみる家庭看護
都市にみる家庭看護の最盛期
農村に多い病気と治療

第2章 変わりゆくお産のかたち
出産-妊娠から産湯まで
助産師と消えゆく自宅分娩

第3章 怖れられた病気-結核と急性伝染病
「国民病」と呼ばれた結核
猛威をふるった急性伝染病

第4章 家庭看護と人
派出看護婦と保健婦
按摩と鍼灸師

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る