全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

世界の食文化15 イタリア

世界の食文化 15

書誌詳細情報

世界の食文化 15

世界の食文化15 イタリア

著者 池上俊一

定価 3,353円 (税込)

ISBNコード 9784540032196

発行日 2003/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5判 280頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

イタリアの食文化を解き明かす鍵は「パスタ感覚」。母親が全身で捏ね上げるパスタは、母性そのものとして家族・地域の絆となる。様々な食材を融合させて独自なものを生み出したイタリアの食文化を歴史的に辿って解明。

解説(詳細)

第1章 パスタのイタリア
1 パスタ感覚とイタリア人
母乳のようなパスタ/パスタは南で誕生した
2 歴史の中のパスタ
南の乾燥パスタ、北の生パスタ/マッケローニ食い/パスタ百態
3 母なるミネストラ
ミネストラはパスタの母
4 ポレンタの階級闘争
塩漬け鱈の皮でこすって/米、穀物の受容の仕方

第2章 「イタリア」以前のイタリア料理
1 基層としての古代地中海世界
ローマ帝国の滋養豊富な食卓/パンがなければ始まらない/神聖なるオリーブ油/悦びと無頓着の源泉、ブドウ酒
2 儀礼と身分─中世キリスト教の遺産─
聖性のシンボルとして/食卓の階級制/復讐する農民食
3 豆・栗・茸に、喝采
豆食いのフィレンツェ人/栗は粉にして食べる/茸に夢中
4 野菜の王国
草食中心主義はローマに発す/中世農民と雑穀/民衆と貴族の野菜賛歌/宴会は甘い果実で始めよ

第3章 国民料理の成立
1 ルネサンス宮廷と大航海
料理術の革新者たち/宮廷料理人と大宴会/個人用食器の普及/香辛料の簡素化は美食の苗床/新世界からもたらされた食材/救荒作物から日々の食卓へ
2 科学としての料理
ルネサンス版「食べてはいけない」/食べ物で気質を調整・回復する
3 フランスとの交流
スペイン、オーストリア、そしてフランス/イタリアの菓子がフランス宮廷を席巻する/フランス料理はブルボン王家の国家事業/食文化の「橋」、サヴォイアとピエモンテ
4 アルトゥージのブルジョワ料理
統一国家の成立/地方料理を国民料理に

第4章 家族・地域の絆としての食
1 コンヴィーヴィオ─共生の食─
祝祭日の御馳走/バールでのひととき
2 マンマの味
イタリア版マザコン/ファンタジーアが食卓を豊かにする
3 飢餓の克服
トウモロコシは飢えからの救い/ファシズム下での食生活改革
4 地方料理とスローフード運動
食のカンパリズモ/フレスコバルディ家の食卓/ステレオタイプ化する地方料理/スローフードとエコロジー

むすび─消滅するイタリア料理、進化するイタリア料理
イタリア料理の未来/〈パスタ感覚〉が世界を席巻する

-------------------------------------------------
■著者
池上 俊一(いけがみ しゅんいち)
1956年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文科学研究科西洋史学専攻博士課程中退。フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)留学。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。『動物裁判』(講談社)、『狼男伝説』(朝日新聞社)、『ロマネスク世界論』(名古屋大学出版会)、『万能人とメディチ家の世紀』(講談社)、『身体の中世』(『歴史としての身体』改題・筑摩書房)、『シエナ─夢見るゴシック都市』(中央公論新社)など。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る