全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

21世紀村落研究の視点

年報 村落社会研究39
村研50周年記念号

書誌詳細情報

年報 村落社会研究39

21世紀村落研究の視点

村研50周年記念号

著者 日本村落研究学会

定価 5,966円 (税込)

ISBNコード 9784540031991

発行日 2004/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 324頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

20世紀後半、日本の村落社会は農業システムの大きな変化を体験した。高齢化・環境問題の顕在化、国際化等の進展であり、それらに対応する社会関係の変容・再構築である。村落研究の視点を提示。

解説(詳細)

二十一世紀からみた村研の五〇年
まえおき
一 「変化」、「解体」の意味する内容
二 村落社会の規範的要素の変化・消滅の状況
三 農法の危機と村落的社会の機能の有効性

二十一世紀村落研究の視点
はじめに
一 問題意識
二 二〇世紀後半村落研究の規範的枠組み
三 規範的枠組みを超えて
四 新しいパラダイムへむけて
おわりに

歴史人口学から見た家・村・ライフコース
一 はじめに
二 家・村論の基本命題
三 歴史人口学の方法と成果
四 徳川日本の家・村・ライフコース
五 おわりに

ライフコースの多様化とイエ制度
一 はじめに
二 ライフヒストリー・ライフコース・ライフサイクル
三 社会的行為と社会層
四 イエ制度と外部制度
五 イエ制度と四つの社会層
六 昭和ヒトケタ世代のライフコース
七 後継者のライフコース
八 高齢者のライフコース
九 女性のライフコース
一〇 おわりに

変動する現代農村の農業組織と生活構造
一 現代農村の内発的発展をどう捉えるか
二 「きのこの里」グループの世界と「おしゃれな農村」
三 農民の倫理と「きのこの里」の精神
四 モノグラフから中範囲理論の構築へ

国際化時代における農村の構造変化と持続的発展の方向性
はじめに
一 「グローバル国家」と「地方」・「農村」の位置づけ
二 日本経済の国際化と農業・農村経済の衰退
三 農村の持続的発展と住民自治
四 農村の持続的発展の基本方向
おわりに

二十一世紀村落研究の視点
座長問題提起について
人口移動と出生率の地域性 (落合)
イエムラと土地問題 (大内)
「きのこの里」にみる日本農業の新しい担い手 (徳野)
国と地方の役割、地方自治の原点 (岡田)
ムラと女性、歴史的視野から
小農経営とイエ、集落の関係

農業経済学の研究動向
はじめに
一 学会動向
二 食の安全性とフードシステム
三 グローバリズムとその対抗手段
四 地域農業の再編
五 その他の研究成果
おわりに

社会学・農村社会学の研究動向
一 村落研究の今後の方向性
二 山村・中山間地研究、流域共同管理論、担い手論
三 環境問題との接点
四 新たな担い手への着目
五 農村家族との接点
六 個人への着目、生活史という手法
七 海外研究

史学・経済史学の研究動向






アジア地域における社会学・人類学等の研究動向
はじめに
一 アジアを問う講座形式の研究
二 特定のテーマについての研究
三 特定の国・地域を対象にした研究
四 開発援助

■著者
我孫子麟(宮城教育大学長)、松田苑子(淑徳大学)、落合恵美子(国際日本文化研究センター)大内雅利(明治大学)、徳野貞雄(熊本大学)、岡田知弘(京都大学)、波多野豪(三重大学)、つる理恵子(吉備国際大学)、国方敬司(山形大学)、吉野英岐(岩手県立大学)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る