全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

中国文化百華12 東アジア四千年の永続農業 下巻

図説 中国文化百華 12
中国・朝鮮・日本

書誌詳細情報

図説 中国文化百華 12

中国文化百華12 東アジア四千年の永続農業 下巻

中国・朝鮮・日本

著者 F・H・キング
杉本俊朗
久馬一剛 解説
古沢広祐 解説

定価 3,292円 (税込)

ISBNコード 9784540031007

発行日 2009/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5判 218ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

アメリカで機械化、化学化など工業的農業が幅を利かせだす黎明期、1909年2月から7月まで中国、朝鮮、日本を旅して集約耕作、廃物の利用、時間と空間を集約的に使う、等々「永続的な農業」が実践されているのを目にして書かれた視察記(中国3ヶ月半、日本1ヶ月半、満州朝鮮半月弱)。「……4千年にも渡って斯くの如き稠密な人口の維持のために土壌に充分な生産をなさしめることが如何にして可能であるかを知りたいと思った。…殆ど毎日出会ったその状態や実践に全く啓発され、仰天させられた」(原著者キング序文)

解説(詳細)

第11章 東洋人は時間と空間を集約的に使う
廃物を利用した混合肥料の効率性
収穫前の小麦畑に棉を発芽させる
作物の間作、輪作栽培と多様な施肥法

第12章 東洋の稲作について
西洋諸国への反省を迫る東洋三国の稲作、輪作、水の利用
山、川、田畑の連なりと養分供給
植物栄養素を流出させない水田稲作の仕組み
移植稲作の効用-呉夫人の農場から
田植えとその後の作業
施肥-緑肥の調達
灌水の重要さ
刈取り、脱穀
稲わらの活用と稲作の収益

第13章 養蚕業
輸出も行う東洋の重要産業
蚕に対する桑葉の量、絹の生産量
桑葉の栽培
蚕の種類、生育方法

第14章 茶業
茶および湯を飲むということ
米、絹と並ぶ産業の礎
中国の茶生産量と収益
日本の茶栽培風景

第15章 天津付近
人口増加の問題
課税と賃金
塩の製造
天津付近の風景と土壌への塩の影響
小麦、雑穀の栽培と収益
野菜、果物の収益

第16章 満州と朝鮮
満州の気候
天津・山海関の田畑
満州の地形・産業
よく見られる耕作風景、畝・列条の特徴
大豆、豆かすの輸出-土壌の栄養素欠乏
主要作物・雑穀の有効性
奉天から安東への路程
鞦韆節の日-朝鮮入国
定期的な樹木伐採、緑肥の利用
朝鮮南部-車窓からの概観
朝鮮を発つ

第17章 再び日本へ
九州の田園
農事試験場と農学校の視察・福岡
めまぐるしく変化する車窓の風景
藺の栽培
兵庫・大阪・和歌山での見聞
奈良にて-旅館、荷車の列
日本人の美的感覚-清水寺の観光
徳島県の藍作
琵琶湖から愛知の平野部へ
静岡県内の耕地と優れた果樹
関東平野に入る
わらによる根覆いの効果
西ヶ原の国立農事試験場
日本の農地と人口扶養力
農民の生涯は苦労に満ちてはいたが・・・

<解説1>アメリカ人土壌学者の見た百年前の中国、日本、朝鮮の農業(久馬一剛)
<解説2>「アジア的ルネッサンス」に向けた未来展望への確かな示唆(古沢広祐)

【関連書籍】
「ともに豊かになる有機農業の村-中国江南・戴庄村(タイショウソン)の実践」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る