全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

中国文化百華11 東アジア四千年の永続農業 上巻

図説 中国文化百華 11
中国・朝鮮・日本

書誌詳細情報

図説 中国文化百華 11

中国文化百華11 東アジア四千年の永続農業 上巻

中国・朝鮮・日本

著者 F・H・キング
杉本俊朗

定価 3,292円 (税込)

ISBNコード 9784540030949

発行日 2009/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5判

在庫 あり

この本のジャンル

解説

アメリカで機械化、化学化など工業的農業が幅を利かせだす黎明期、1909年2月から7月まで中国、朝鮮、日本を旅して集約耕作、廃物の利用、時間と空間を集約的に使う、等々「永続的な農業」が実践されているのを目にして書かれた視察記(中国3ヶ月半、日本1ヶ月半、満州朝鮮半月弱)。「……4千年にも渡って斯くの如き稠密な人口の維持のために土壌に充分な生産をなさしめることが如何にして可能であるかを知りたいと思った。…殆ど毎日出会ったその状態や実践に全く啓発され、仰天させられた」(原著者キング序文より。)

解説(詳細)

第1章 まず日本へ
船を降りる−初めて見る日本
東洋人の表情、振る舞い
下肥を運ぶ街−横浜・東京間の風景
田園・町並み・人びとの混雑
零細かつ分散する田畑
狭隘な耕圃を最大限に利用する
冬作も盛んな神戸・大阪の農地
石炭を積む労働者−門司港にて
段丘園芸圃の構造

第2章 中国の墓地
肥沃性を保ち続ける国へ
耕圃の中の墓
埋葬の慣習、意義

第3章 香港、広東へ
広がりつづける土壌
香港島に入る
中国人の気質、労働力
役立つものは何でも肥料に
河南島における集約的耕作と廃物利用
零細経済のなかに生きる人びと
衛生面での知恵
人力と機械技術

第4章 西江をさかのぼる
船上からの視察
河泥をさらう人びと−三角洲平野にて
丘陵地帯−薪の運搬、藺の栽培
梧州の船大工
南中国の農業・養魚

第5章 運河開鑿の程度と耕圃の整地
中国における運河開鑿の意義
三視点かての運河調査
土木事業−洪水対策・土壌の増大
黄河の洪水被害と運河
水蝕の防止策
貯水池の役割

第6章 民衆の若干の慣行について
人びとの賃金と労働姿勢
捺染技術、家庭での織物
家業としての綿打ち、布団製造
中国の市場と青物の多い食材
よく食される多種多様な野菜
肉食の浪費性を知っている東洋人

第7章 燃料問題、建築資材および織物原料について
東洋における燃料加工
効率的に体温を保つ衣服
助lによる燃料節約と土壌への利用
綿実油・綿実かすの生産
慎重なる植林家
助け合いの金銭貸借の慣習
短い周期で伐採される若木
木材以外の建築材
繊維原料の生産
電力の農村工業への貢献

第8章 近郊踏査
蚕豆畑に施肥される河泥
河泥の採取、桑畑と稲田の土壌交換
かたつむりを食する人びと
船の客室、食事
鶏などの孵卵所の光景
河泥を用いた混合肥料の作り方
田圃への混合肥料施用と油菜栽培

第9章 廃物の利用
われわれはいかに多くの栄養素を棄ててきたか
衛生問題と廃物の貯蔵
半エーカーの土地から二エーカー相当の収益を得る
言葉の通じぬ二人の農夫
焼き灰の耕地利用と燃料
緑肥と混合肥料の利用
土壌の窒素・リン・カリを絶やさない努力

第10章 山東省にて
欧米列強の影響を受ける地
土壌侵蝕と植林地域
山東の町々と旅中の労苦
山東省の農業の特徴
旱魃時の対策
乾燥土糞の利用
物価、金銭の感覚
人口稠密や旱魃は家畜にも影響を及ぼす
劣悪な道路と陸上輸送手段
二条播き植付け法
南中国の農業との相違−農具、土糞
人も耕地も蝕む阿片とタバコ
農村の家族、住まい
混合肥料施用の実際
硝化作用の産物
返還せざるを得なかった植物栄養素
青島での見聞

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る