全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

中国近郊農村の発展戦略

書誌詳細情報

中国近郊農村の発展戦略

著者 今村奈良臣
張安明
小田切徳美

定価 4,937円 (税込)

ISBNコード 9784540021893

発行日 2004/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5判 284頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

劉志澄・陳錫文・劉志仁らの中国専門家とともに、日本の今村奈良臣氏を団長とする調査団が三カ年にわたる鹿泉市の緻密な調査を経て立案した近郊農村の発展戦略。
中国、日本両国で同時発売。

解説(詳細)

第一章 本計画の基本理念と基本戦略
一 本計画の基本理念
二 構想の背景と前提
三 農業・農村発展計画の基本戦略とその体系化・具体化

第二章 鹿泉市をめぐる農業内外条件
一 鹿泉市農業の概況
二 農業生産の展開過程
三 農外労働市場の展開と現局面
四 農業内外条件の現局面

第三章 鹿泉市農業の地域構成
一 鹿泉市農業の地域構成
二 労働市場の地域性
三 小括

第四章 鹿泉市農業の先発事例

第五章 一般農業部門の現状

第六章 野菜の生産と販売組織の課題

第七章 養豚部門の振興課題

第八章 酪農の発展課題
一 鹿泉市における牛飼育の歴史
二 酪農部門の台頭と鹿泉三鹿乳業有限会社の歩み
三 鹿泉市酪農部門の現状
四 酪農部門の経営状況
五 「三鹿方式」の意義
六 酪農をめぐる新たな動向
七 市、郷鎮、行政村の酪農振興策
八 「三鹿方式」の普及と鹿泉市酪農部門の課題

第九章 鹿泉市農業における農用地利用調整の課題
一 農地分配の推移と現状
二 農地利用調整の実態
三 農地利用調整の地域的特徴とその論理
四 高収益農業の推進と農地利用調整
五 農家間の貸し借りの実態
六 農地利用調整の問題点
七 農地利用調整システム構築の課題
八 残された課題

第一〇章 行政機能の改革と農民組織の形成
1 計画策定の背景として考慮すべき時代的特徴
2 計画の内容に反映させるべき課題
3 計画に望む具体的論点

■著者
今村奈良臣(前食料・農業・農村政策審議会会長、東京大学名誉教授)
小田切徳美(東京大学大学院農学生命科学研究科助教授)
張 安 明((財)農政調査委員会調査員)
------------------------------------------------
■編集者より
中国河北省の省都石家荘近郊の都市、鹿泉市の農業・農村ならびに農業関連組織等について、日本を代表する農業農村研究者チームによる詳細な調査、分析、考察を踏まえた中国農業農村発展計画。わが国の市町村レベルにおける農業・農村振興計画の策定にあたっても手掛りがえられる貴重な調査資料。日中共同出版。
------------------------------------------------
■関連書
『杜潤生 中国農村改革論集』
『詳解 中国の農業と農村』
『中国農業必携』
『農業と工業の矛盾を克服する』
『郷村建設理論』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る