全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

中国文化百華1 漢字の文明 仮名の文化

図説 中国文化百華 1
文字からみた東アジア

書誌詳細情報

図説 中国文化百華 1

中国文化百華1 漢字の文明 仮名の文化

文字からみた東アジア

著者 石川九楊

定価 3,292円 (税込)

ISBNコード 9784540020421

発行日 2008/11

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5判 208ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

もしも漢字がなかったら、世界はもっと違っていた。漢字文明による共通性と、平仮名などの文字=地方文化の異質性をすえて、日本、東アジアをとらえ直す、著者の文明論・文化論の集大成。

解説(詳細)

第1章 古代日本(弧島)の姿
1.アジアの中での弧島の位置
2.弧島に住んでいた人間・語られていたことば
3.弧島は中国だった!−漢の光武帝によって冊封された証「漢委奴國王」印
4.卑弥呼の庭では中国語が飛び交っていた
5.渡来人−徐福伝説

第2章 「うるわしき瑞穂の国」はなかった
1.「まず、宣長から疑え!」
2.国粋主義を再生産する「女手(平仮名)」の思想
3.「漢意(からごころ)」を前提とした「やまとごころ」
4.「宣長的なるもの」を超えるには、「和」を疑うこと
5.「始源神話」は「神の国」妄想そのものである

第3章 日本語・日本人・日本の成立
1.白村江の敗戦と日本の独立
2.「写経」は国家的な識字運動だった
3.美しい古代和語はなかった
4.女手(平仮名)の誕生
5.中世の禅院・禅僧がもたらしたもの
6.江戸から現代へ−和語・漢語・西欧語の三元の三重言語

第4章 東アジアとは何か
1.東アジアに文字が生まれた−古代宗教文字の誕生
2.始皇帝がつくった東アジア
3.東アジアの正の特質
4.東アジアの三教(儒教・道教・仏教)と国家
5.東アジア文明−地方文字によって分節された国家と文化
6.異なる東西の思考の枠組み

第5章 亡命者の国・日本と平和憲法
1.過酷な政治から逃れてきた人々が作った国
2.人類の叡智の結晶−平和憲法
3.期限を区切った大和解放運動を
4.東アジアの将来と人類の未来

■著者紹介
石川九楊(いしかわ・きゅうよう)書家、思想家。京都精華大学教授。著書『書の終焉』(同朋舎出版。サントリー学芸賞)、『中国書史』(京都大学学術出版会)、『日本書史』(名古屋大学出版会。毎日出版文化賞)、『二重言語国家・日本』(NHK出版)、『書に通ず』(新潮社)、『一日一書』全三巻(二玄社)ほか多数。

■同シリーズ
「図説 中国文化百華」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る