全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書244 ハワードの有機農業(上) ★通販のみお取扱い

人間選書

書誌詳細情報

人間選書

人間選書244 ハワードの有機農業(上) ★通販のみお取扱い

著者 アルバート・ハワード
横井利直
江川友治
蜷木翠
松崎敏英

定価 1,938円 (税込)

ISBNコード 9784540012648

発行日 2002/07

出版 日本有機農業研究会

判型/頁数 B6 302頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

化学肥料や農薬を使わない農業の可能性を根圏微生物=菌根の共生を根拠に、土の活性化が作物の抗病力を高めることを実証。有機農業運動に生涯をかけた菌類学者の原典的著作。

著者

■著者紹介
アルバート・ハワード(1873〜1947。英国人。対西部インド農業省の菌類研究官兼農業講師。渡印しインドール作物産業研究所長、中部インドおよびプタナ諸州農業顧問)

訳者:横井利直(東京農業大学名誉教授)、江川友治(明治大学農学部教授)、蜷木翠(東京農業大学教授)、松崎敏英(神奈川県農業総合研究所)

目次

序論 研究のあり方を問う
・研究と実践の隔たり
・作物が持つ生来の権利
・土壌・植物・家畜の連鎖
・発想の起点=菌根の共生
・病気と健康の領域に迫る
・生命の根源としての土壌

<第一部 農業における土壌肥沃度の役割>
第1章 自然が自然を管理する
1.生命の輪廻と多様性・安定性
2.植物が生きる仕組み
3.土壌と植物を結ぶ根菌の世界
4.腐植は自然循環の要
5.無機成分の循環
6.要約=自然の営み

第2章 風土と農業の仕組み
1.農業の原始形態
2.移動式耕作=焼畑農業
3.ナイル川の利用=氾濫堆積耕地
4.階段耕作=最古の農業形態
5.中国の農業=集約的な形態
6.ギリシャとローマの農業
7.中世の農業=複合経営

第3章 英国における地力維持
1.ローマ占領からサクソンによる征服まで
2.共同耕地制度と地力の減退
3.小麦の減収と黒死病の頻発
4.「囲い込み」の農法的意義
5.産業革命のもたらしたもの
6.大不況と第二次大戦

第4章 産業主義と農法の変貌
1.機械化の進展と処女地の略奪
2.利潤追求と意識の変化
3.土壌肥沃度の収奪とその結果
4.肥沃度の安易な転換
5.自然が余剰を生み出す前提

第5章 科学的認識の侵入
1.農芸化学と化学肥料の起源
2.象牙の塔の科学者たち
3.ローザムステッドの研究方法批判
4.戦争を契機に浸透した化学肥料
5.農業試験場における研究の欠陥

<第二部 現代の農業における病気>
第1章 土壌の病気
1.土壌の侵食
2.アルカリ土壌の形成

第2章 作物の病気
1.砂糖キビ
2.コーヒー
3.茶
4.カカオ
5.綿花
6.イネ
7.小麦
8.ブドウ
9.桃・バナナ
10.その他の果実
11.タバコ
12.マメ科作物
13.ジャガイモ
14.その他=若干の寄生的な顕花植物

第3章 家畜の病気と健康
1.伝染性疫病の根源は何か
2.土壌の肥沃度と病気
3.濃厚飼料と伝染性流産
4.家畜の本能を生かす
5.自然草のもたらす活性
6.家禽の種の維持

第4章 土壌の肥沃度と人間の健康
1.予防医学の変革
2.山岳部族の健康を支えるもの
3.公衆衛生の基礎をなす食
4.治療医学から創造医学へ
5.食物の質を規制するもの

第5章 病気の本質を探る
1.蛋白質合成の異常と抗病力
2.その根底にある窒素循環

解説(詳細)

「ハワードの有機農業(下)」

コメント

★在庫僅少(多少のキズ・色やけ・カバー汚れがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る