全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

なにわ大阪の伝統野菜

書誌詳細情報

なにわ大阪の伝統野菜

著者 なにわ特産物食文化研究会 編著

定価 2,829円 (税込)

ISBNコード 9784540012457

発行日 2002/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 272頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

江戸以前から商業や海運が盛んで"食い道楽"の町として栄えた大阪は、江戸時代、各地に野菜の産地が生まれる。一時、畑にその姿が見えなくなった伝統野菜を評価し直して掘り起こし、現代にどう活かすか検討した書。

解説(詳細)

第一章 なにわ大阪伝統野菜のあらまし
はじめに
一 今なぜ大阪の伝統野菜なのか
二 大阪の伝統野菜とはなにか
三 「大阪の食い倒れ」の背景と意味
四 大坂庶民の食生活
五 大阪の伝統野菜はどこで作られていたか
六 近世末期から明治期の大阪野菜の生産

第二章 なにわ大阪伝統野菜の数々
ダイコン(大根)
カブ(蕪、カブラ)
ゴボウ(牛蒡)
レンコン(蓮根)
サトイモ(里芋)
クワイ(慈姑)
ニンジン(人参)
ナス(茄子)
キュウリ(胡瓜)
ユウガオ(夕顔、カンピョウ=干瓢)
シロウリ(白瓜、越瓜)
トウガン(冬瓜)
カボチャ(南瓜)
ミズナ(水菜、京菜)
オオサカシロナ(大阪白菜)
ネギ(葱)
チシャ(萵苣)
フキ(蕗)
ウド(独活)
ソラマメ(蚕豆・空豆)
エンドウ(豌豆)
タマネギ(玉葱)
キャベツ

第三章 なにわ大阪伝統野菜の流通
古代・中世・近世から明治期の野菜の流通
戦前・戦後の大阪野菜の流通
大阪伝統野菜の再評価と今後

コメント

★在庫僅少です。一時的に品切れになる場合がございます。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る