全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

食品被害を防ぐ事典 ★在庫切れ

健康双書
20世紀食品被害事件を総括する

書誌詳細情報

健康双書

食品被害を防ぐ事典 ★在庫切れ

20世紀食品被害事件を総括する

著者 藤原邦達

定価 1,646円 (税込)

ISBNコード 9784540011757

発行日 2001/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 324頁

在庫 なし

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

続発する食品被害事件を歴史的・構造的に分析し、行政・企業・生協・農協・学校・個人などがとるべき対策を詳述。食品衛生行政のお寒い実態を告発し、その抜本的改善策を提言。疑わしい食材とのつきあい方なども満載

解説(詳細)

第1章 進歩に追いつかない進化
1 なぜ食品被害を問題にするのか
2 食品の衛生・安全についての歴史的な経緯
3 加害要因の種類と特徴
4 毒性の強さと被害のかたち
5 発現する多様な症候
6 有害微生物や毒物の生体内への移行と発症
7 生物濃縮と食物連鎖
8 許容量の考え方
9 総量規制の考え方
10 新しい課題の登場

第2章 典型的な食品被害事件を再点検
1 メチル水銀水俣病事件
2 PCB油症事件
3 森永砒素ミルク事件
4 学校給食O・157食中毒事件
5 雪印乳業低脂肪乳食中毒事件

第3章 環境を介した食品の汚染
1 PCBによる食品汚染
2 ダイオキシンによる食品汚染

第4章 疑わしい食材にどう向き合うか
1 疑わしさをどう考えるか
2 疑わしさを検証する
3 疑わしいと認められた場合には
4 遺伝子組み換え食品についての判断
5 狂牛病と牛肉についての判断

第5章 食品規制はどんな考え方に基づいて行なわれているか
1 食品規制の論理
2 有用性、安全性、必要性の評価
3 品質管理のための方法論
4 ポジティブリスト方式への道程
5 安全性評価システムの確立
6 自主規制の論理
7 国際的なハーモニゼーション
8 公的規制の必要性

第6章 日本型ハサップの構築を
1 HACCPシステム導入の経緯
2 HACCPの原則と手順
3 HACCPの導入と規制緩和
4 わが国のHACCP方式の問題点
5 HACCP方式再構築の必要性

第7章 食品衛生行政の現状を憂う
1 食品衛生行政の拠点
2 食品衛生監視員制度の現状と問題点
3 自治体間での食品衛生監視格差の増大
4 法規違反に対する処分、告発件数の激減
5 食中毒発生件数の増加傾向
6 地域保健衛生現場の変質
7 法定監視回数の低下に関する国側の対応

第8章 食品衛生法の抜本改正が必要だ
1 食生活、食品をめぐる情勢の変化
2 現行食品衛生法の限界化
3 食品衛生法の抜本的な改正の必要性
4 あるべき食品衛生法のかたち
5 狂牛病問題が実証する食品衛生法改正の必要性
6 食品衛生法改正のプログラム
7 請願採択不成功のあとを受けて

第9章 基本的な考え方
1 事実認定が客観的であるか、手続きを正確に行なっているか
2 歴史的な教訓に学んでいるか
3 被害者、予定被害者の側に立っているか
4 倫理的な観点を重視しているか
5 情報公開を優先しているか
6 緊急性の自覚を持っているか
7 事故予防の原則を堅持しているか

第10章 食品被害の認知と危機管理
1 初期の食中毒被害情報の重視
2 周辺状況の把握
3 食中毒被害規模の推定
4 原因食材の推定
5 症状の程度の推定
6 細菌性、化学性被害の推定
7 食中毒細菌の推定
8 リファレンス機能の活性化
9 記録、報告書作成の励行
10 食中毒危機管理学のすすめ

第11章 企業や生協などの事業体にもとめられるもの
1 歴史的事実の学習
2 事業の社会的意義の再確認
3 経営者の責任の自覚
4 企業責任の遵守
5 職員の教育、訓練と意識向上
6 顧客、組合員との関係強化
7 安全情報の開示
8 危機管理体制の整備

第12章 学校を始めとする大規模給食施設での食品衛生対策
1 学校給食の必要性
2 給食現場での食品衛生対策の必要性

第13章 行政は“反射的利益論"を改めよ
1 食品衛生行政の体質強化
2 公的権限の強化と執行
3 食品安全部局の新設
4 国内の食品衛生行政対策の補強
5 輸入食品対策強化の必要性

第14章 期待される立法、司法関連組織の対応
1 食品安全関連法の整備と充実の必要性
2 食品被害裁判のあり方への期待

第15章 本当に“賢い消費者"になるには
1 消費者の権利の再確認
2 消費者の責任の自覚
3 慎重な方針決定の必要性
4 食の衛生、安全意識の高揚
5 学習と教育の重視
6 消費者の組織の拡充と活性化
7 世論形成のための運動への参加
8 権威、体制への依存性を捨てる
9 質の高い公的対応の促進を
10 生協、農協の奮起を望む

第16章 期待される専門家の対応
1 研究者、技術者のあり方の変貌
2 開発科学と検証科学の均衡性
3 生命倫理の尊重を
4 科学、技術の進歩にみあう検証、評価の厳格化を

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る