全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

新石油文明論 ★在庫僅少

砂漠化と寒冷化で終わるのか

書誌詳細情報

新石油文明論 ★在庫僅少

砂漠化と寒冷化で終わるのか

著者 槌田敦

定価 2,619円 (税込)

ISBNコード 9784540011405

発行日 2002/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 172頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

温暖化、オゾンホール、リサイクル、代替エネルギーなど環境問題の俗説に潜む陥穽とは?まだ二〇〇年は続く$ホ油文明が子孫に何を残せるか。江戸期日本の環境回復をモデルに自然を育てる後期石油文明≠展望。

目次

第1章 食糧と動力文明
文明と分業
食糧を拡大再生産した人力と畜力
石炭で石炭を掘る石炭文明
小さなものから大きなものまで石油文明

第2章 石油枯渇と代替エネルギーのウソ
石油枯渇と脅して原子力発電
利用の進む天然ガス
新エネルギーは話半分に
補助金は開発の逆効果
自力で開発した内燃機関
巨大事故に悩まされる原子力発電
放射能の後始末をどうするか
瑞浪処分場計画

第3章 異常な環境ブーム
石油文明による環境破壊
リサイクル運動の失敗
地方自治体のリサイクルは失敗の上塗り
儲からないリサイクルはしてはならない
オゾンホールのフロン原因説のウソ
炭酸ガス温暖化説の脅し
欲望渦巻く温暖化対策
永久機関にあこがれる理工学者と大企業
温暖化、寒冷化で揺れる気象学者たち

第4章 寒冷化と砂漠化こそ大問題
やはり寒冷化が心配
砂漠と砂漠化
世界の森林
砂漠化して滅亡したメソポタミヤ文明
エジプト文明の場合
ギリシャ、ローマ文明の場合
森林を破壊した西欧文明
黄河文明から現代中国の場合
文明跡地が砂漠になる理由
砂漠化こそ最大の環境破壊

第5章 現代砂漠化の犯人は自由貿易
貿易と環境に関する経済学の現状
現代砂漠化の基本的原因は穀物の過剰生産
途上国農業を壊滅させた穀物の自由貿易
自由貿易の策略1 失業の輸出
自由貿易の策略2 貧しい国から富を収奪する巧みな機構
関税は、事業税・所得税と同質の税金
中国のWTO加盟と完全砂漠化
累積債務が砂漠化を加速

第6章 エントロピー経済学のすすめ
環境対策には学問が必要
エントロピー経済学
エンジンの法則
地球はエントロピー(熱汚染)を宇宙に捨てる星
大気汚染は環境破壊の一例
地球は物エントロピーを熱エントロピーに変換して、捨てる星
環境破壊とは自然の循環を破壊すること
人間社会もエンジンである
社会の循環の混乱としての不況
不況の次の物価高騰を考える
徴税と規制で社会のエンジンを運転する
社会の循環を自然の循環につなげる

第7章 環境を回復した日本文明の経験
不思議の国日本
やはり、はげ山ばかりの中世日本
江戸文明の成立
巨大物流社会の出現
都市の周辺も森林になる
都市の浜が漁場になる
日本の奇跡的経済成長の主原因

第8章 環境を育てる後期石油文明へ
石油を使って豊かな環境を育てる
これからの日本商業の方向
森林と水田は雨を呼ぶ
廃棄物の処理法は野生動物に習う
廃棄物処分場は一切不要
砂漠化という最大の環境破壊をどのようにするか

第9章 石油文明の次は何か
古代文明の過ちを繰り返さないために
石油枯渇後の豊かな生態系と豊かな人間社会
寒冷化で恐ろしいのは侵略戦争

付章 開放系エントロピー論の現在
孤立系・平衡系の物理学からはみ出す生命系
開放系の物理学
定常開放系の物理学
定常開放系の生態学
定常開放系の経済学

コメント

★残り僅かのため品切れになる場合があります(カバーに多少のキズ・色やけがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る