全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

発酵利用の自然養鶏 ★在庫切れ

書誌詳細情報

発酵利用の自然養鶏 ★在庫切れ

著者 笹村出

定価 1,851円 (税込)

ISBNコード 9784540001253

発行日 2000/09

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 168頁

在庫 あり

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

●3か月保存しても ふ化できる生命力の強い卵をつくる!―いいヒナになる卵が「いい卵」
オカラ、米ヌカ…地元の食品残渣で発酵飼料をつくり、ワクチン、薬剤は一切使わず300羽養鶏を実現。せん定クズや稲わらは発酵床に。発酵が健康なニワトリをつくる。鶏種作出も紹介。日本鶏、家庭養鶏にも最適

解説(詳細)

第1章 発酵利用自然養鶏のすすめ
第2章 発酵床鶏舎のつくり方
第3章 飼料のつくり方と給与法
第4章 毎日の管理のやり方
第5章 ヒナを自給し、自分のニワトリをつくる
第6章 販売と経営
<資料>種鶏場一覧

■自著を語る
鶏の飼い方は、案外書かれたものが少ない。それはどのようにでも、鶏は飼う事は出来る。ということであり、それだけにいい養鶏というものは、なかなか難しいもの、になります。子供の頃から、50年以上鶏を飼い、手探りで飼育法を模索してきました。特に、自給自足を始めてからは、発酵飼料についてあれこれ、試行錯誤をしてきました。自然養鶏という形で、バランスの取れた永続性のある養鶏法を見つめて、暮しております。
地域には食品廃棄物と言う形で、手付かずの食べ物が山ほど捨てられています。食の循環から離れてしまった、農業の世界は少しも楽しくありません。食品廃棄物の総量と、畜産飼料の輸入量はほぼ等量といわれています。地域で利用されなくなった、様々な物を有効に利用できる方法を、模索して来たのが、『発酵利用の自然養鶏』です。
鶏を放し飼いにしながら、観察すると、むしろ私の始めた、2種の発酵を利用した方法は、鶏の食性にかなった、自然な姿でありました。その結果、「最高の卵」を作ることが出来る方法を発見したのです。最高の卵とは、70日間保存して、その後、暖めればひよこになる卵です。生命力が際立って高い卵の事です。鳥インフルエンザのような、恐ろしい鶏病にも、充分対応できる強健な、鶏の作出法の研究成果まで、できる限り書きました。
始めて、鶏を飼ってみようという人が、この本だけ読んで、最高の鶏が飼える。そうした判りやすさを目標に書いてあります。むしろ、自給的な小さな農業の中にこそ、最高の卵は可能なものです。自給自足を目指す人にとっては、鶏を組み合わせる合理性を、探求したものです。新しい自給の暮らしの一助にして欲しいと思っております。(2008.02.1 寄稿)

コメント

★重版予定ありません

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る